洗顔の仕方でニキビができたりします

私は20歳頃まではニキビができたことがなかったのですが、大人になってから、いわゆる大人ニキビができるようになってしまいました。

 

 

今困っているのは顎にできているニキビです。

 

 

どうやら、洗顔した時に十分にすすぎが行われていなくて、石鹸成分が顎先に残ってしまって、毛穴にその石鹸成分が入って化膿しかかっているのだろうと思います。

 

 

ニキビと洗顔には微妙な関係があって、ゴシゴシとただ単純に洗顔をすると、必要な皮脂まで取り去ってしまって、肌が異常を感じて、皮脂をどんどん分泌して、結果として、その皮脂が毛穴に詰まってニキビになってしまうのです。

 

私は前髪を垂らしているので、ピンで留めて洗顔しないで洗顔したりすると、前髪に石鹸がついておでこにニキビができたりするのです。

 

 

できるだけ顔を洗う時には髪の毛をまとめて、石鹸がつかないようにすることが必要で、もし石鹸がついてしまったら、しっかりと洗い落とすようにしなければなりません。

 

 

ニキビができてしまったら、とにかく保湿をするように気をつけています。

 

 

保湿をするとニキビができにくくなります。

 

 

保湿をすると逆にニキビができそうなイメージがありますが、それは間違いで、保湿がニキビの鍵なのです。

 

 

保湿をしっかりとしていると、十分な皮脂が肌にあって、適度な洗顔で必要な皮脂を残して洗うと、肌が極端に乾燥することがないので、ニキビができにくくなるのです。

 

 

私は目と目の間の鼻の上の方にニキビができて、それが化膿してすごく痛いです。

 

 

顔の中心にできるニキビは良くないと両親から聞かされていたので、できるだけ触らないようにしていますが、メイクをするときにファンデーションのノリが悪くて、また、赤くなっているのが隠せないので目立ってしまいます。

 

 

ニキビができる前に、肌が乾燥していたので、そのせいでニキビができてしまったのだと思います。

 

 

乾燥するとニキビができるという意外な結果になるのです。

 

 

脂性の肌の人がニキビに悩むのは分かるような気がするのですが、乾燥肌でニキビに悩むというのはなかなかイメージがわきません。

 

 

でも、確かに乾燥すると皮脂が詰まってニキビになるのです。

 

 

頬には潤いがたっぷりあるので、ニキビができることがありません。

 

 

顎先などのフェイスラインや目と目の間などにニキビができてしまうので、その部分の保湿をしっかりとする必要があるな、と思っています。

 

 

ニキビができても潰さないように気をつけています。

 

 

周期ニキビ化粧水人気ランキング|大人気なのはコレ!